住宅に関するのあらゆるご相談に「あしたの住まい・設計フォーラム」(TheDEF)に所属する一級建築士が、懇切丁寧にお答えいたします。

knowledge01

建築条件付土地での住宅設計について

最近、宅地分譲において、 「建築条件付土地」 が増えてきました。

その「建築条件」とは、主に次の2点です。

土地売買契約後一定期間以内(3か月の場合が多い)に売主もしくは売主の指定する建築会社と建物請負契約を締結すること。


期間内に建築請負契約が締結されない場合は、土地売買契約はなかったことになり、預り金などの受領済みの金銭は無条件で速やかに返金する。

・・・建築条件付土地取引についての詳しい知識は → wiki、建築条件付土地取引

上記のように、建築条件付土地で家を建てる場合は、施工業者が決められてしまうという制約はあるのですが、建売住宅とちがうところは、なんといっても自由な設計の家を建てることができることにあります。

ところが実際には、なかなか建て主(土地の買い手、ユーザー)の思うようにはいかない場合が多いようです。その理由の一つは、設計に当てられる期間がかなり短いこと。もう一つは、その施工を行う業者が、十分な設計能力を持っていないことが多いことです。

そのために、「自由設計」などと謳っておきながら、実際は、業者が作ったありきたりの(あるいは稚拙な)、2,3種類程度のプランの中から「自由に(?)」選べるだけということになっているケースがほとんどです。

これでは建売住宅を買うのと、ほとんど変わりませんし、むしろ建売の方が実際の建物の完成状態を見てから買うことができるという点で、まだ安心感があるということになってしまいます。

これでは、せっかくの「自由設計」の可能性を生かすことができないわけで、たいへん惜しいことです。

それではどうすればよいかというと、高度な住宅設計能力を持っている建築士(設計事務所)に、設計を依頼することです。

よく、建築条件付では業者が決められてしまうので、設計を別の設計事務所に依頼することができないと思っている方が多いのですが、建築条件においては「売主もしくは売主の指定する建築会社と建物請負契約を締結する」ということを課しているだけで、設計を誰が行うかということは、なにも制約はありません。建て主が自由に設計者を選んでも、まったくかまわないのです。

ですから、買いたい土地が見つかり、それが建築条件付であれば、すぐに信頼のおける建築士(設計事務所)に相談し、その土地を見てもらい、希望にかなうような家が建ちそうであれば、土地の売主に対して購入の申し込みをすると同時に、建築士とよく設計打ち合わせをおこなって、期間内に設計と見積もりが完了して、きちんとした内容で本契約に進めていくのがベストの方法といえます。

powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional